Fisheye FIX NEO 1000 DX SW IIを購入しました。

Fisheye社の新型水中ライト、FIX NEO 1000 DX SW IIを購入。

高性能水中ライトを購入

以前久米島でガイドしてくださった方がお勧めしてくれたライトの新型が今回発表されたので、思い切って買っちゃった。Fisheye FIX NEO 1000 DX SW IIです。ダイビング本数40本を超えて、少しずつライト欲しいなと思っていた矢先の話。ライトが欲しくなった理由は

の3つが主。Fisheye FIX NEO 1000 DX SW IIはこれらを高いレベルで満たしてくれそうなライトだと思います。

パッと見は新型とは分かりづらい。ヘッド部分にちらり。
パッと見は新型とは分かりづらい。ヘッド部分にちらり。

特徴

バッテリーの持ち

まだ実際に試した訳ではないので、実時間としてどのくらい持つのかは未知数。ほぼ満充電の状態で最大輝度にした時、スポットでは123分、ワイド時で78分と表示されました。1日のダイブ中ずっと最大輝度でつけ続けることはまずないだろうから、バッテリーについてはまず問題なさそうではあります。

スポット時
スポット時

ワイド時
ワイド時

アクセサリについて

マウントアダプタは大量に付属しており、大抵のシステムに取り付けることが可能となるよう。またハンドストラップおよびハンドグリップなるものも付属しており、手持ちする際も落下の危険性はなさそう。

TG-4のプロテクタPT-056に装着
TG-4のプロテクタPT-056に装着した例

明るさとシャッタースピードの相関

水中は陸上と比べて暗く、シャッタースピードが遅くなりがち。その上ダイビングは手ぶれもしやすい環境とあって、なるべくならシャッタースピードを上げて撮影したいもの。残念ながらTG-4にはシャッタースピード優先のマニュアル撮影は出来ないことも相まってますますシャッタースピードが重要になります。

部屋を少し暗めにして、絞り固定(f/4.5)の状態で明るさを変えて撮影してみました。

ライトOFF シャッタースピード 1/2秒
ライトOFF シャッタースピード 1/3秒


25%(スポット) シャッタースピード 1/1000秒

50%(スポット) シャッタースピード 1/1600秒
50%(スポット) シャッタースピード 1/1600秒

100%(スポット) シャッタースピード 1/2000秒
100%(スポット) シャッタースピード 1/2000秒

結果

明るさワイドスポットシャッタースピード
OFF-1/3秒
25%S1/1000秒
50%S1/1600秒
100%S1/2000秒

スポットの100%の時にはTG-4の最高速度の1/2000秒となった。水中でもこの速度なら手ぶれはまず起こらないと考えてよさそう。ISO感度は400で撮影したが、もっと下げても大丈夫かもしれない。

また、あくまでシャッタースピードの比較として行ったテストではあるが、ライトOFFの時と比較してみても背景が黒くなり、カメラの陰でかくれていた被写体もしっかり明るく写り写真の質としても向上したことが分かる。

スポンサードリンク
ぜひ、シェアしてください!