初代レギュレータにはAqua Lungのlegend(レジェンド)を選びました。

Aqua Lungの最上位シリーズ

レジェンドはAqua Lung社の最上位機種として位置付けられてます。その中では1番スタンダードなモデルを今回購入しました。その上位モデルになると空気の流量調節レバーがついたり、よりよい素材が使われたりコーティングされてたりするそう。ファーストの機構はどれも同じだそうです。

pb090037-1048x660

特徴

個人的には1番嬉しいのは、ダストキャップの閉め忘れによる浸水対策のオートクロージャデバイスが搭載されていること。うっかりが多い性格なのでホント助かります。

それと、オーバーバランスドダイヤフラム構造を採用していること。具体的なメカニズムは不明(笑)ですが、深い水深においても安定した空気流量を提供してくれます。

もう一つ、柔らかいフレックスホースが標準装備されているので、装着時の抵抗が殆どありません。

快適な水中での呼吸

購入前の下調べでは、意外と

「レギュレータなんてどれも一緒」

「気にしてるのは初心者だけ」

なんていう声が多く、そんなものなんだと思ってました。確かに安いものの安全品質が低いとなるとそれは大問題。

でも実際に使ってみて、これまで使用していたレンタルクラスのものとは全然違うことが分かりました。空気の吸いやすさがあまりにも自然で、以前より多く吸ってる=使用量いつもより多い、と錯覚するほどでした。実際はリラックス出来ているのか、いつもより残圧が多かったような気もするほど。

結論としては、最低限の安全品質はどれもクリアしているけれど、そこから上の吸いごこちや使い勝手については、上位モデルは上位モデルなりの基準があるんだなと実感した次第です。

快適な水中での過ごしやすさは、より楽しいダイビングライフのベースとなると思います。おすすめです。

スポンサードリンク
ぜひ、シェアしてください!