Google Photoの圧縮率について調査してみました。

こんにちは、toshです。

写真のバックアップ方法については各々色んなツールを使用していることと思いますが、僕はGoogle Photoをサービス開始当初から利用しています。

無料で無制限アップロード可能なこのサービスは、プラットフォームの良さだけでなくアプリの使い勝手、機能性についても他所の追随を許さない程のクオリティです。

ただし、無料で使う場合、アップロードされた画像はある程度圧縮されてしまいます。圧縮され、どのくらい画質が劣化してしまうのかかる~く調査してみました。

使い勝手No1のGoogle Photo

そもそも、画像のバックアップ先として、身近な人たちにアンケートを取ってみたところ、そもそもGoogle Photoがあまり知られていないということにびっくりしました。最近はCMもたくさん打っているというのに・・・。

ひょんなことからこのブログに流れ着いた人ももしかしたら使ったことがない人のほうが多いかもしれません。

何が便利なのか、上げればキリはないのですがざっと思いついただけでも以下の点があげられます。

この便利さは使ってみないことには分からないと思うので、まずは物は試しということで使ってみてはいかがでしょうか。

本題。圧縮率はどれくらいか。圧縮された画像の品質は。

唯一のデメリットは冒頭にも書いた通り、画像がオリジナルから圧縮されてしまうこと。

ただしこれは逆に言えば、(許容範囲内の画質であれば)通信料削減など、容量が減ることによるメリットもあります。

どのくらい圧縮され、画質がどう変わるのか見てみました。

画像1



OM-D E-M1で撮影。帝国ホテルのチョコレート(クリックで拡大)

左がオリジナルで、右がGoogle Photoで圧縮されたデータです。いかがでしょうか。ちなみに圧縮率はこちら。

 オリジナル画像Google Photo
データサイズ6.71MByte1.83MByte
圧縮率-27%

かなり圧縮されています。等倍でも見てみましょう。

等倍比較。レンズはZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

こちらも左がオリジナルで、右側がGoogle Photoで圧縮されたものになります。

もう一枚見てみましょう。

画像2



OM-D E-M1で撮影。大人ネイル(クリックで拡大)

いかがでしょう。圧縮率はさらに上がっています。写真によって圧縮率が異なるのは、圧縮アルゴリズムにおいて得意なものとそうでないものとあるんでしょう。

 オリジナル画像Google Photo
データサイズ6.70MByte933KByte
圧縮率-14%

こちらも等倍比較。

等倍比較。レンズはZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

どっちがどっちか分からないレベル。

いかがでしょうか。はっきり言って、自分にはどこがどう劣化したのか皆目検討もつかないくらいに画質が維持されています。

それでいてこの圧縮率。Googleは一体どんなマジックを使っているのか。

とにかく、これだけ画質が変わらないのであれば十分すぎる程に実用利用出来ます。

気になってた方、是非使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
ぜひ、シェアしてください!