P9のバッテリーを交換してみた(画像大量)

スポンサードリンク

P9を購入してから早1年半。最近目に見えてバッテリーの状態が悪くなりました。

バッテリーの異常な劣化

まず、単純に持ち時間が物凄く短くなりました。ゲームはしないもののどちらかというとヘビーユーザーのため1日1回は充電はしてましたが、朝会社に行って家に帰ってくるまではまぁ問題ない程度には持ってくれていました。

それがここ最近は途中で継ぎ足し充電が必須。仮に充電をしないと夕方17時には死亡してしまう程度に劣化してしまいました。

またバッテリーの残量が50%を切ると、数分で10%ほど目減りすることや、極端な場合40%程度から一気に0%になり突然シャットダウンが発生することもありました。

せめて残量表示がリニアに遷移してくれるなら対策のしようもありますが、突然0%になられるのは予測外すぎて困ることもしばしば。

P9のバッテリー交換はhuaweiに公式に依頼することも出来ますが、その場合、液晶画面まで新しくなる代わりに税別16,000円もかかってしまいます。バッテリー交換にはいささか高額過ぎるので自分で交換することを決めました。

幸運なことにバッテリー交換キットはAmazonで購入できる上、参考になる動画やWebサイトもちらほらありました。

今回、実際にやってみて動画の解説よりもより細かく説明することで、試したいけど二の足を踏んでいる人の参考になればなと思い、記録に残してみようと思います。

バッテリー交換キットを購入する

現在、日本のAmazonであっさりとP9用のバッテリー交換キットを購入出来ます。

バッテリー単体のものも売っていますが、2017年12月現在ではなぜか交換キットのほうが安い逆転現象が発生しているため、あえてバッテリー単体を購入する必要はないでしょう。

交換キット。これらがないと始まりません。

バッテリーにはhuaweiのロゴ

バッテリーはこんなに薄い

バッテリー交換の流れ

バッテリーの交換は簡単に以下の流れになります。それぞれの難易度を表現してみました。

  1. P9を開く(所要時間 5分 難易度:★★★☆☆)
  2. パーツを外す(所要時間 10分 難易度:★★★★☆)
  3. バッテリーを剥がす(所要時間 30分 難易度:★★★★★)
  4. 新しいバッテリーを取り付ける(所要時間 5分 難易度:★★☆☆☆)
  5. パーツを取り付ける(所要時間 5分 難易度:★★☆☆☆)
  6. P9を元に戻す(所要時間 5分 難易度:★☆☆☆☆)

これを見てわかる通り、前半に高難易度なフェーズが集中しています。私はP9のバッテリーを2個交換しましたが、二つ目(奥さんの分)はトータル30分程度で出来たものの、初めて試した時は1時間ほどかかってしまいました。時間には余裕を持って取り組むことをお勧めします。

また、細かい作業が特に苦手な方は、やめておいたほうがいいかもしれません。壊してしまうと、分解したことにより修理を受け付けてもらえないリスクがあります。

かと言って特別難しすぎる作業では決してないので、是非トライしてほしいです。そのためにも記録しているわけですし。ガンプラを作ったことがある人なら問題ないと思います。

それでは各フェーズについてポイントを踏まえながら記録に残そうと思います。

手順1 「開く」
  1. バッテリーを使い切る
    まず初めに、バッテリーは物凄く柔らかいため、剥がすときにぐにゃぐにゃになります。その際万が一にでもショートしてしまう危険性を排除するため、バッテリーは必ず使い切っておきましょう。

    ちなみにこれが剥がした後の残骸・・・。

  2. SIMスロットを抜く

    抜いたSIMは無くさないよう注意

  3. 星形ネジを外す
    付属の星形ドライバで外します。とても小さなネジなので無くさないよう注意しましょう。
  4. P9を開く(高難度ポイント)
    こちらも付属の吸盤を使ってP9を開きます。吸盤の取り付け位置は写真の辺りにします。

    真ん中よりも少し上ぎみです。

    液晶フィルムは必ずしも剥がす必要はありません。結構勢いが大事です。何回やっても開かないという場合もくじけず何度もトライ。やっていればそのうち必ず開きます。慣れれば一撃です。
    はがれた場合も、裏蓋と本体は指紋認証センサが接続されているため一気に外そうとしないように。

    傷つけないよう注意

手順2 「パーツを外す」

  1. 裏蓋を外す
    まずは指紋認証センサと繋がっている配線を外し、裏蓋を分離します。交換キットに付属の手順書では外すよう記載されていませんが、外したほうが作業効率に大きな差があります。端子部分を爪などで軽く上にはじくと外れます。

    この角度で爪を挟むと外れやすいです

  2. アンテナを外す
    バッテリの接続端子を固定するパーツを外すため、邪魔なアンテナの接続端子を外します。こちらも爪などで軽くはじく感じで。

    クイッと

  3. バッテリ固定パーツを外す(高難度ポイント)
    2か所のネジを付属の精密ドライバで外します。無くさないよう注意。

    ネジを外したあとはパーツを外すのですがパーツに返しがあり、なかなか外れません。ただ、これは必ず外す必要があるため頑張って外しましょう。多少力を入れる必要があります。Youtubeには動画で紹介しているものもありますが、自分の場合どうやってもあんなに簡単には外れませんでした。根気よく外しましょう。

    こちら側の返しがなかなか外れません・・。

  4. バッテリ端子を外す(重要ポイント)
    現行のバッテリ端子を外したら、次の工程に行く前に必ず行っておく重要な確認作業があります。それは、新規のバッテリ端子を接続し、正しく充電出来るか確認することです。

    剥がす前の重要なチェックです

    先述の通り、バッテリを剥がすとぐにゃぐにゃになってしまい元に戻せません。それなのに購入したバッテリーが不良品で使えなかったら?
    私のがそうでした。
    あらかじめ2個買っていたことと、返品に応じてくれたことにより大事には至りませんでしたが・・。
    ですので、ぜひ試してみることをお勧めします。充電ケーブルを接続し、P9が起動せずに充電だけが始まると問題ないでしょう。

    バッテリーが正常だと充電が始まります。

手順3 「バッテリーを剥がす」

ついにここまできました。これが最難関。超高難度ポイントです。
付属の手順書では、はじめに裏側のシールを剥がすように記載されていますが、まず間違いなく千切れます。諦めて地道に剥がすしかないのですが、とにかく、とにかくこのバッテリーを剥がす手順がしんどい。超強力な両面テープで固定されている上、基板むき出しのため慎重さも求められます。

こんな感じでぐにゃぐにゃに・・・。

コツとしては中央、左右の3箇所から少しずつ、じんわりと剥がすこと。

もう一息!

剥がしきったら、もうバッテリー交換作業の9割は終わったようなものです。残りは元に戻す逆の手順なので画像はありません。

手順4 バッテリーを交換する

新しいバッテリーを取り付けます。両面テープが付属しているのですがわざわざ使用する必要もないでしょう。元どおりに配置し、端子を取り付けます。正しい位置で上から軽く押さえるとはまります。

手順5 パーツを取り付ける

  1. バッテリー固定パーツを取り付ける
    外すときほどではないですが返しがあるのではめるのは少し難儀するかもしれません。しっかりカチッとはまるまで根気よく。無事はまったらもう一度ネジで固定します。
  2. アンテナを取り付ける
    邪魔になるため外していたアンテナも忘れずに戻します。上から軽く押さえます。
  3. 指紋認証センサ接続用の端子を取り付ける
    こちらも向きをしっかり意識して接続しなおします。

手順6 元に戻す

いよいよ最後の工程です。全て元に戻せたら、最後に裏蓋を戻し、星形ネジを閉め、SIMカードスロットを刺します。裏蓋を戻す際は上のほうをしっかり合わせると綺麗にはまります。

いかがでしょうか。toshのP9ですが、バッテリー交換後は順調そのもので、また丸一日は十分持つようになりました。

気になっている方、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
ぜひ、シェアしてください!

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

10 Comments

  1. 鈴谷佐和子

    大変参考になりました。動画だけでは、分からないところ、難しいところ、注意が必要なところ、きめ細やかに書いていただきありがとうございます。私も、自分でバッテリー交換をしてみようと思い、Amazonで交換キットを注文してしまいました。
    よくわからなかったのが、新しいバッテリーが不良品でないか確認するために、どこを接続すれば良いのかイメージできませんでした。実際にやって見れば分かるのでしょうか?
    交換キットが届いたら、交換してみます。

    • tosh

      コメントありがとうございます!!
      参考にして頂けて嬉しいです。
      バッテリーの正常確認、読み返してみたら少し説明不足ですね…。おそらくは届いたら分かると思いますが以下のイメージです。
      バッテリーには、本体に接続するための端子がぶら下がっているので、現状のバッテリーの端子を本体から外し、重ねるように新規のバッテリーを起き、端子を本体に仮接続します。
      バッテリーが正常だと充電が始まることが液晶画面で確認出来ます。不良品の場合、勝手に起動し、充電が出来ませんでした。
      ご参考いただけると幸いです。

  2. お湯

    この記事で無事バッテリ交換できました。ありがとうございます!バッテリを剥がす際ですが、バッテリ上部の右端、左端からそれぞれプラコテを差し込み、真下へゆっくり力を入れて押し進めると2分程度で剥がれました。ご参考までに(^^)

    • tosh

      コメントありがとうございます!
      2分で剥がせるテクニックがあるとは驚きました!
      追記させていただければと思います。

  3. 貴重な体験資料非常に参考になりました。
    1.バッテリーを放電しておく
     残量10%で剥がしましたが、
     かなり発熱しあわてました。
     剥がし難いのでご指摘通り 
     残量0%で作業するべきですね。
    2.新品バッテリーの充電確認
    3.バッテリーコネクター止バーの
     取外し困難等
    有難う御座いました。

    • tosh

      コメントありがとうございました!
      一度やってみるまでは分からない事が沢山あったので、是非参考になればと思い残した次第です。
      お役に立てたのであれば大変嬉しく思います!

  4. 私のP9も2017/12頃からバッテリーが急激に弱くなり、こちらの情報を見て、DIY交換を決意。1時間位で無事交換できました。
    バッテリーを剥がすところで、付属のプラこてが曲がって役立たず、割り箸の背の三角のところを使う荒業で、なんとか剥がしました
    詳細な説明を掲載頂き本当にありがとうございました。

    • tosh

      J1さん、コメントありがとうございました。
      プラこては確かに弱くてあまり役に立たなかったです。私はピックを使ってじんわり剥がしましたが割りばしも有用だったんですね。
      お役に立てたようでうれしいです。

  5. HengenZ

    この記事を読んで、 HUAWEI P9 バッテリーの自力交換に踏み切りました。
    お陰様で無事に成功しました。

    商品のマニュアルも結構親切に作られているのですが、この記事と皆さんのコメント情報は極めて有用でした。ありがとうございます。

    一番の難関は、やはりバッテリーの取り外しですね。しばらく試行錯誤しましたが、ギターのピックのような爪3枚をバッテリー上部に差し込み、爪を少しづつ下向けに押し込むようにしてなんとか乗り切りました。

    • tosh

      HengenZさん、コメントありがとうございました。
      無事成功したようで何よりです。
      バッテリーの取り外し、初めて行うときはどんどん曲がっていって不安になりましたよね・・・笑。
      コメントいただいた皆さんにも、それぞれのアイデアを記載してくださり大変感謝しております。
      あらためて、コメントくださりありがとうございました!

コメントを残す