うちのマンションでもついにNURO光が使えるようになったのでマンション内一番乗りで(おそらく?)回線乗り換えを行いました。

ちなみに現行回線はフレッツ光+プロバイダは楽天でした。

特に回線自体に不満はなかったのだけど、NURO光の安さに惹かれたのが一番の理由です。

というのも現行のフレッツ回線は月額2,950円。楽天プロバイダは月額450円。消費税を入れて約3,500円でした。

それに比べて、NURO光はプロバイダ料を入れても最大2,500円。さらに同一マンション内の契約者数が10に達すると月額1,900円にもなります。

これは本当に安い。固定回線の価格革命だと思います。多少遅くなっても乗り換える価値があると思います。

注意すべき点がいくつか

ネットで調べればいくらでも書いてある事ですが注意点がいくつか。乗り換えるなら知っていて当然であって、これに文句を言うのはお門違いという感覚でいます。

1.2年契約で該当月以外の解約は9,500円の違約金

まあ、今どきのネット回線なんてそんなものでしょう。10年使っても違約金が発生することには全く納得できませんが。選択権はないので認識の上諦めましょう。

2.最初の3年間は工事費支払いが発生。ただし実質ゼロ円。

工事費は4万円かかります。ただし支払いは3年間の月賦で月額1,111円。そしてその3年間は1,111円の割引が発生するため実質工事費用はゼロ円です。ただし3年以内に解約すると工事費の残額を一括返済しないといけません。よって完全に費用ゼロで解約できるのは2年契約の違約金も絡むため、契約から4年後となります。

個人的には、固定回線なんてそうそう切り替えるものではないし、正直どうでもいいかなと思います。

例えば5年目に解約したとして9,500円を60カ月で割れば1か月あたりせいぜい160円。

工事費4万円については下請け会社のマージン等発生するのでそんなものでしょう。うちの工事は2名で来て1時間ちょっとだったので作業員の拘束時間考えれば特別高いとは思いませんでした。

3.キャッシュバック申し込み期間は契約半年後から45日間

こういうの、心底意地汚いな~と思いますね。これはもうGoogleカレンダーのリマインダ等使って登録しておくしかないですね。対策取れない訳ではないのでまさに注意すべき点の筆頭。

4.スピード2Gbpsなんて出るわけがない

これはNUROが悪いといいたいわけでもなく、回線がベストエフォートだからという意味ではなく、NUROは遅いと言っている人たちに言いたい話。要はパソコンやスマホの性能、そして自宅の無線環境の話。

ボトルネックは回線ではなく自宅の環境の可能性が大ですよと。試行錯誤、工夫しましょう。

5.ONU設定はデフォルトはやめましょう

これについては次回更新時に詳しく記載したいと思います。デフォルトは色々危険です。

メリット

メリットは単純明快。少ないけれどインパクトは大きいです。

安い

そりゃそうだ。それ目的で乗り換えてますから。とにかくこれが最大のメリットです。

無線ルータが標準でついてくる

802.11ac(早い無線LAN規格)対応の無線ルータが無料でついてくるので自前で用意する必要がありません。

実際のスピードは如何に。

というわけでスピードテストをやってみました。

PS4の回線速度確認

ダウンロード:345.8Mbps

アップロード:55.0Mbps

スマホ(huawei P9)の回線速度確認

ダウンロード:248.52Mbps

アップロード:213.32Mbps

いちいちこういうのに厳密性や精度を求めるのはナンセンスなので参考程度で。スピードテストの結果と実際の使い勝手は異なるものです。こういうツール自体胡散臭いとも思ってたり(笑)

何はともあれ、NURO光に変えてとりあえず以前と変わらず快適に使用出来ています。このクオリティでランニングコストが下がるというのは本当にいい時代になったなぁと思います。

スポンサードリンク
ぜひ、シェアしてください!